奈良・橿原「おふさ観音」バラ&風鈴まつり・御朱印で注目を集める観光スポット

バラまつりは必見!橿原のおふさ観音 観光スポット

日本発祥の古都、奈良県橿原市にある「おふさ観音」をご存知ですか?

庶民信仰の寺として地域の人々を中心に多くの人に親しまれてきたお寺ですが、近年、観光スポットとしても注目されてきています。

そんな「おふさ観音」についてご紹介します。

「おふさ観音」はこんなお寺

  • 高野山真言宗の別格本山のお寺
  • 春と秋には「バラまつり」、夏には「風鈴まつり」を開催
  • 御朱印を受けられる巡礼地
  • 周辺の小房町や八木町は昔の街並みが残る散策スポット
  • 茶房「おふさ」では日本家屋と庭園の風情を感じながら軽食を楽しめる

 

「おふさ観音」ってどんなところ?

おふさ観音は奈良県橿原市にある、高野山真言宗の別格本山のお寺です。

お寺ととして身近な存在であることと、元気が出るお寺であることの2つを大切にし、近隣住民に長らく親しまれてきました。

境内には季節によって花や風鈴にあふれ、参拝に来た人々の心を癒してくれます。

「水子地蔵」や「子安地蔵」などの地蔵や祠があちこちに立ち、境内を散歩しながら気軽にお参りすることができます。

社務所奥にある本堂では見学以外に、厄払い等の祈祷を受けることができます。(いずれも有料)

本堂内には、ご本尊様である「十一面観音様」をはじめ、「不動明王像」「千手観音像」「阿弥陀如来像」などが祀られています。

おふさ観音ホームページ:本堂の拝観 より引用

社務所では受付や案内だけでなく、お守りなどの販売も行われています。

近年は「花まんだらのお寺」として、4000種類以上のバラの花を活かした「バラまつり」、夏は約2000個の風鈴を境内に飾った「風鈴まつり」を開催して、観光スポットとして注目を集めるようになりました。

また「大和七福八宝の会」「大和十三仏霊場会」「大和ぼけ封じ霊場会」に入会しており、納経帳・色紙・掛け軸などへの集印をすることで、後利益を授かることもできます。

近年のパワースポットブームから、御朱印を受けるために参拝されに来院する人も増えてきています。(詳しくは おふさ観音のホームページ を参照ください)

また、境内奥には茶房「おふさ」があります。

茶房「おふさ」では、仏像が置かれた広い日本家屋で、バラジュースやハーブカレーなどの軽食を、夏は「かき氷」を食べることができます。

あわせて読みたい▼茶房「おふさ」の詳しい情報はこちらの記事をどうぞ

現在作成中です、しばらくお待ちください。

おふさ観音の縁起

おふさ観音は、高野山真言宗の別格本山のお寺です。

おふさ観音の本堂が建つこの辺り一帯は、かつて鯉ケ淵(こいがふち)と呼ばれる大きな池でした。

慶安三年四月早朝、土地の娘のおふささんが、池の辺を歩いていると白い亀の背中に乗った観音様が現れたそうです。

そこで、この池に小さなお堂を建て、その観音様をおまつりしましたのが、時代を経て現在のお寺へと発展してきました。

庶民信仰の寺として現在も多くの方に支えられております。

おふさ観音リーフレット 「イングリッシュローズと花まんだらのお寺おふさ観音」 より引用

 

「おふさ観音」のイベント

おふさ観音では、春と秋に「バラまつり」を、夏に「風鈴まつり」を開催して、参拝者の心に癒しをもたらせてくれます。

バラまつり

バラまつり開催要項開催期間

春のバラまつり:5月15日~6月30日
秋のバラまつり:10月19日~11月30日

入場料

無料(本堂内への拝観や厄払いなどの祈祷は有料:300円)

おふさ観音では、訪れる方に心を癒して頂こうと、境内でたくさんのバラを育てております。

人気のイングリッシュローズをはじめ、現在では1500種類ものバラがお楽しみ頂けます。

色とりどりのバラが咲く様子は仏教の世界に例えられ、「花まんだら」とも呼ばれています。

日本庭園の中の茶房おふさでは、バラのジュースやハーブカレーなど期間限定メニューもご用意しております。

おふさ観音パンフレット「イングリッシュローズと花まんだらのお寺・おふさ観音」より引用

風鈴まつり

風鈴まつり開催要項・開催期間

 7月1日~8月31日

・入場料

 無料(本堂内への拝観や厄払いなどの祈祷は有料)

大和の夏の風物詩としてして広く知られる風鈴まつり。

おふさ観音では、風鈴まつり期間中、境内に約2000個もの日本各地の風鈴が飾られます。

そもそも風鈴を飾る風習は、鐘の音が魔を払い、厄を払うという仏教思想から生まれたもののです。

おふさ漢音では、たくさんの風鈴の音色で厄払いをして、心身を癒して頂こうと「風鈴まつり」を開催しております。

期間中は、日本各地の珍しい風鈴を集めた、風鈴即売会もしております。

おふさ観音パンフレット「イングリッシュローズと花まんだらのお寺・おふさ観音」より

 

「おふさ観音」へのアクセス

アクセス

電車と徒歩にて

・近鉄大和八木駅より徒歩25分

・JRうねび駅より徒歩10分

電車とバスにて

・近鉄大和八木駅よりバスで8分、バス停「小房」より徒歩5分

・近鉄橿原神宮前駅よりバスで10分、バス停「小房」より徒歩5分

※車でお越しの場合、無料駐車場が四か所あります

詳しくはこちら 「おふさ観音ホームページ:アクセス」 をご覧ください。

住所 634-0075 奈良県橿原市小房町6-22
電話 0744-22-2212
HP http://www.ofusa.jp/
開門時間 7:00~17:00(本堂の拝観は9:00~16:00)
入場料 無料(本堂内への拝観料や厄払い等の祈祷は有料)

まとめ:奈良・橿原「おふさ観音」はバラ&風鈴まつり・御朱印で注目を集める観光スポット

おふさ観音は、奈良県橿原市にある古くから近隣住民に親しまれてきたお寺です。

橿原市街から少し離れた静かな町中に身を置いて、心を落ち着けることのできる癒しのスポットでもあります。

おふさ観音はこんなお寺

  • 高野山真言宗の別格本山のお寺
  • 春と秋には「バラまつり」、夏には「風鈴まつり」を開催
  • 御朱印を受けられる巡礼地
  • 周辺の小房町や八木町は昔の街並みが残る散策スポット
  • 茶房「おふさ」では日本家屋と庭園の風情を感じながら軽食を楽しめる

特に観光で橿原市周辺を訪れる方は、「バラまつり」や「風鈴まつり」といったイベントが開催されている期間に、お寺周りの八木町や小房町の散策を兼ねて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメント