スポンサーリンク

【鶏スタイル林】奈良市 激戦区富雄で異色のオシャレつけ麺を食べてみよう!(メニュー写真あり)

奈良市富雄「鶏スタイル林」アイキャッチ画像 グルメ情報

今回は、奈良市にあるラーメン屋

鶏スタイル林

をご紹介します。

奈良県内随一のラーメン激戦区富雄駅周辺にあって、味はモチロンのこと、ひときわ「今風」なオシャレ感が店内にもメニューにも感じられる素敵なラーメン屋でした。

この記事は2023年7月現在の情報を記載しております。メニューや値段など、皆さんがご利用になる際には相違がある可能性をご了承ください。

 

 

「鶏スタイル林」ってどんなお店?

「鶏スタイル林」は奈良市は近鉄富雄駅から徒歩2分以内。

奈良市富雄「鶏スタイル林」の外観写真

駅から近いものの、場所そのものは少々分かりにくいので写真を使ってご説明。

 

近鉄富雄駅東出口の改札を左に曲がって外に出ると、すぐ北側にこの写真のような細い路地が見えます。

路地を入ってすぐ右側に、奈良の二郎系ラーメンで有名な「ジャンク屋哲」さんが見えます。

 

このお店が「ジャンク屋哲」さん。

奈良市富雄「鶏スタイル林」への道のり②

ワタクシ本日、ホントは「ジャンク屋哲」さんを取材予定だったのですが、なんと臨時休業でして、急遽変更とさせていただいた次第・・・だったのです。

でもそれが幸運だったとは、この時は知る由もありませんでした・・・

 

話しは戻りまして

この「ジャンク屋哲」さんをさらに30mほど直進していただくと右側にモダンな建物が見えて参ります。

奈良市富雄「鶏スタイル林」の外観写真②

すぐに分かるので、あきらめずに探してくださいね。

 

外観だけでなく、内観も今風のオシャレな雰囲気。

奈良市富雄「鶏スタイル林」の内観

カウンター8席に加えて、この写真の奥左側はテーブル席になっていました。

常にJ-POP的なBGMが流れていて、ご家族や友人連れで来られても、美味しく、楽しく、リラックスムードでラーメンを楽しめそうです。

 

 

「トリの味噌つけ麺」と「トリチャーシューユッケ丼」を食べてみました!

今回は「トリの味噌つけ麺」と「トリチャーシューユッケ丼」を食べてみました。

 

まずコチラが着丼した時の写真。

奈良市富雄「鶏スタイル林」の鶏のミソつけ麺&トリチャーシューユッケ丼

ちょっと豪華すぎて、改めて写真で見ても初めて見た時の感動と美味しさを思い出しちゃいます。

 

それぞれに詳しくご紹介しましょう!

トリの味噌つけ麺

それではまず「トリの味噌つけ麺」から。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺全体写真

トリの味噌つけ麺
(880円:税込)

 

3種類の鶏肉と味玉と、なかなか豪華なトッピング。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺アップ写真

お皿に深みがあるので、麺も見た目より量があります。

 

まずは鶏チャーシュー。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺鶏チャーシューアップ写真

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺鶏チャーシューアップ写真②

どちらも食べ応えがあって美味しい。

 

そして、つけ麺やラーメンでは珍しい、カラアゲのトッピング。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺 唐揚げ写真

味つけも程よく、イイ感じでアクセントになってくれました。

 

そして、こちらがスープ。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺 スープ写真①

カレーのルーを入れるグレービーポット?を思わせる器。

つけ麺では珍しいスタイルで新鮮さを感じます。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺 スープ写真②

スープは味噌ベースのスープに黒いマー油?香ばしさが加わって、深みのある味わい。

濃い口ですが、そのままでも美味しくいただけます。

 

モチロン、中太ストレートの麺との相性もバッチリ。

奈良市富雄「鶏スタイル林」トリの味噌つけ麺 麺写真

 

 

トリチャーシューユッケ丼

そして次は「トリチャーシューユッケ丼」。

トリチャーシューユッケ丼

トリチャーシュー
ユッケ丼

(350円:税込)

お茶碗は小さめではありますが、イッパイに溢れそうなくらいに入っていて、値段の割にボリューム感あります。

 

テッペンに乗せられた卵黄を割って、一緒に食べると美味しいのですが

トリチャーシューユッケ丼の卵黄を割ってみた

とにかくたくさん入っているので、混ぜるのはムリです(笑)

 

うまくレンゲで「ご飯、卵黄、鶏肉、ネギ」をバランス良くすくいながら食べます。

レンゲですくってみたトリチャーシューユッケ丼

塩ベースのタレも入っているようで、美味しくいただけました。

つけ麺も含めて、全体的にリーズナブル。

味も文句なしに美味しいので、少し得した気分で「ごちそうさま」できました。

 

 

メニュー写真

次に「鶏スタイル林」のメニューをご紹介します。

メニュー写真はこちら。

※2023年7月現在のメニューです

まずビックリなのが、左下に見える「お子様ラーメン」。

5歳以下が対象なのですが・・・なんと

無料!

これは小さな子どもさんのいる家庭はありがたいですね。

 

それ以外のメニューも

トリ醤油ラーメンは690円!

さらにつけ麺はスペシャルでも980円と、1,000円を超えない値段設定。

全体的にリーズナブル!

しかも美味しい!!!

ありがたい!

としか言いようがありませんね。

この記事は2023年7月現在の情報を記載しております。メニューや値段など、皆さんがご利用になる際には相違がある可能性をご了承ください。

 

 

他サイトの口コミ

他サイトにある「鶏スタイル林」の口コミをご紹介します。

(前略)

少し待って着丼です。磁器のソースポットに入った濃厚なつけ汁には刻みネギが、艶々の麺お上にはチャーシューが1枚に味玉が半玉、串に刺さった唐揚げが2個、三つ葉のトッピングです。

麵をそのままいただいてみます。よく〆られた太ストレート麺で風味の良い美味しい麺ですよ。

つけ汁は濃厚な鶏白湯に特製の味噌を合わせたもので、しっかりした鶏の旨味と味噌の旨味がバランスの良いドロドロ粘度の美味しいつけ汁です。

では麵を浸していただきます。麺につけ汁が半端ないぐらいに絡みます。濃厚な鶏と味噌の旨味が風味の良い麺に絡んで凄く美味しいですねぇ。なんぼでも食べれそうですよ。
チャーシューはレア仕上げのロース肉。しっとりした食感で味付けは薄めで肉の旨味が美味しく味わえます。

味玉は黄身の濃厚な甘さが味わえますて美味しいですよ。

つけ麺のつき合わせとしては初めての唐揚げはカリッと揚げられててジューシーで甘めの味付けで美味しいですよ。つけ汁に浸して食べるても美味しかったです。

ツルツルと麺を食べ進んでいくと中盤に気付きます。つけ汁、足らへんのとちゃうん。中盤からは浸し方を気を付けながら食べましたが、濃厚な味なんでセーブしても十分美味しく最後までいただけましたよ。

今日も美味しく全汁で完食しました。っていうか最後にはつけ汁が無くなってました。もう少しつけ汁が多めやったら安心して最後まで食べれるかなと思いました。

店を出ると入店時よりも長蛇の列ができてました。雨の中、早めに並んでよかったです。
ごちそうさまでしたヽ(^o^)丿

今日も大変美味しゅうございましたヽ(^。^)ノ

食べログより引用

 

 

 

アクセス・営業時間など

最後に「鶏スタイル林」へのアクセス・営業時間などの情報をご紹介しておきますね。

こちらが周辺地図。

 

そして営業時間などの店舗情報はこちら。

店名 鶏スタイル林
HP 公式インスタグラム
住所 奈良県奈良市富雄北1丁目3−10
電話 0742-81-7075
アクセス ・近鉄「富雄駅」東改札口より北側へ徒歩約2分。
営業時間 11:30~14:30、17:30~22:00
定休日 なし(不定休)
席数 カウンター9席、テーブル4席✕2(2階もあるそうです)
駐車場 なし

 

グルメ情報
スポンサーリンク
シェアする
sairan2018をフォローする
スポンサーリンク
ならかしネット

コメント