奈良・橿原「だんご庄」のおだんごは、土産&デザートに…きなこがおいしい和菓子の銘菓

橿原名物だんご庄はお土産にも グルメ情報

奈良県のおいしい特産物と言えば???

あまり知られてはいませんが、特に和菓子については、古くから伝わる銘菓が奈良にはたくさんあります。

今回はそんな銘菓、絶品スイーツの中でも地元民だけでなく、多くの人々に支持されている、「だんご庄のおだんご」をご紹介します。

「だんご庄」とはどんなお店?

「だんご庄」は明治11年創業。

創業以来、変わらない製法で「竹ぐにさしたさされたきな粉だんご」をつくり続け、地元の人々を始め奈良の地を訪れた人々の味覚を独特の甘さで癒し続けてきました。

近年、テレビなどのメディアの影響で名が知れつつありますが、通信販売や活発な広告活動をしていません。

そういう意味では、奈良県民と「知る人ぞ知る」隠れた絶品スイーツを誇る名店と言えるでしょう。

 

「だんご庄」八木店に行ってみた

「だんご庄」のお店は、橿原市内の2店しかありません。

今回は、橿原市の大和八木駅近くにある「だんご庄八木店」へ行きました。

「だんご庄八木店」は、近鉄大和八木駅の南口から南へ2分ほど歩いた西側にあります。

もう、店の木造和風建築の佇まいから、歴史あるお店であることが伺えます。

駅前の道路沿いにあるので駐車場が離れた場所に、それでも2つしかありません。

徒歩で来るか近くの有料駐車場に停めてくるか・・・がオススメです。

中に入ると、すぐ目の前でだんごを「手づくり」している様子が見られます。

ほのかに米粉で作った団子の甘い匂いが漂ってきます。

おだんごをこねているところ・・・

おだんごを茹でているところ・・・

おだんごを串に刺しているところ・・・

おだんごにきなこをまぶしているところ・・・

全ての工程が「手作り」であることと、販売されているおだんごが「できたて」であることが分かります。

すべてのスタッフさんが熟練さんなのか、ものすごく手際が良くて見とれてしまいますよ。

これ、お客さんに対して結構なアピールになっていると思います。

「いいものを買いに来た」という実感がします。

 

「だんご庄」のメニュー

さて「だんご庄」のメニューですが…

これだけです。

な、なんと!「おだんご(1本70円)」しか売っていないんですね~♪

ふつう、おだんごなら

「あんこ」

とか

「草餅だんご」

とかあって良さそうなものなのですが・・・

この1品だけで、明治11年からず~っと商売されている・・・「だんご庄」のこだわりと、「だご庄おだんご」のホンモノ具合が伝わります。

材料には、上質の米粉ときな粉、そして特性の蜜を使用。

そして、すべての製造過程が手づくりです。

1本(70円)だけでも販売していますし、贈答用に箱詰めもできます。

なので、ぶらっと立ち寄っておやつ代わりに1本だけ買って食べる…なんて贅沢なこともできます。

本店の「坊城店」では、イートインスペースがあって店内でいただくこともできます。

 

 これが「だんご庄のおだんご」だっ!

今回は「3時のおやつ用」に、5本(350円)持ち帰りました。

かわいい白玉のおだんごに、タップリときなこがまぶされ、5つずつ竹ぐしにさされています。

「おだんご」の大きさは直径2㎝くらい。

ちいさな子どもさんでも安心して食べられる、ほど良い大きさです。

からみ合ったきな粉と蜜が演出する甘さに癒されます。

ていうか、きな粉のタップリ具合がスゴイです。

何ていうか、シットリとしたきな粉がおだんごにたくさんまとわりついている感じです。

これはきな粉好きにはたまりませんね。

そして、おだんごの柔らかさ…同時に、米粉の優しい甘さが口の中に広がります。

あっという間に5本食べてしまいました。

「だんご庄」の感想とおすすめポイント

クセのないやさしい味と、ちいさな子どもさんでも安心して食べられる大きさで、知人への手土産などに最適です。

私は、何と結婚の挨拶の手土産として奥様の実家に持っていって

「一度食べてみたかったの!」

と、とても喜ばれました。

 

1本(70円)から販売しているので、個人的な「おやつ」として…または「通りがかりの食べ歩き」にもおすすめです。

「お土産に買ったつもりが、おいしすぎてホテルで全部食べてしまった・・・」

なんてレビューがあるくらい、良い意味で「中毒性」のあるおいしさです。

防腐剤などが一切入っていないため、できるだけ早い目に…できるだけ買ったその日のうちに食べることをオススメします。

冷蔵すれば持ちますが、日が変わっても美味しいのには変わりないですが、「おだんご」の食感が全然ちがってきます。

 

 奈良・橿原 「だんご庄」へのアクセス

「だんご庄」八木店

八木店は近鉄大和八木駅の南口から南へ徒歩2分ほど。

人通りの多い道沿いにあるので、右側を気にしながら南へ歩いていれば確実です。

店名 だんご庄八木店
ホームページ http://dango.kir.jp/index.html
住所 奈良県橿原市内膳町1-3-8
電話 0744-25-2922
アクセス 近鉄「大和八木駅」南口より南へ徒歩3分
営業時間 9:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 火曜日・第一水曜
駐車場 有(離れたところに2台分)
備考 八木店にはイーインスペースがありません

だんご庄本店(坊城店)

坊城店は近鉄坊城駅から南へ徒歩2分ほどです。

本店なのでお店は大きいですし、イートインスペースもあるので近くを車で通られた際などに立ち寄って休憩するのも良いですね。

店名 だんご庄本店
ホームページ http://dango.kir.jp/index.html
住所 奈良県橿原市東坊城町860
電話 0744-27-4340
アクセス 近鉄南大阪線坊城駅から徒歩2分
営業時間 8:30~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 火曜日 第1水曜日
駐車場 あり
備考 イートインスペースあり(8席)

 まとめ:「だんご庄のおだんご」はおみやげでもデザートでも大満足の奈良・橿原の絶品スイーツ

だんご庄の「おだんご」は、それ1本で明治11年勝負し続けて今も愛される、ホンモノの和菓子です。

その日のうちに食べてもらえるのではれば、「おみやげ」に最適です。

観光で近くまで立ち寄られた際には、小腹を満たす「おやつ」としも気軽に買って食べられます。

何せ1本から注文できますからね。

そんな、おみやげにもおやつにも最適な「奈良の絶品スイーツ」、ぜひ食べてみてくださいね。

 

 

コメント