大和高田「ひだるかや」ザ・塩ラーメン!体が求めるスープの味が魅力

大和高田の塩ラーメンと言えばひだるか屋 グルメ情報

奈良県下では、塩ラーメンの美味しいお店が増えてきています。

この記事では、塩ラーメンの名店の中でも「塩ラーメンの原点」のような・・・体が求めるスープウのマさが魅力のお店「ひだるかや」を紹介します。

ラーメンの濃くてしつこいスープが苦手な人はモチロン、味のコクを求める人にもウケている「超本格派塩ラーメン」が食べられます。

 

「ひだるかや」ってどんなお店?

大和高田駅から駅前を南北に通る県道5号線を北に3分歩くと…

道路沿いに出てくる茶色い壁のマンションが目印。

遠目には目立ちませんが、近くに来ると目印である黄色い看板でわかります。

マンション1階テナントの一角に入っています。

 

看板で「塩らーめん」がウリであることを宣言してますね(笑)

 

店内はシンプルで清潔な、いかにも「ラーメン屋」といった感じ

カウンター席とその後ろ側に4人掛けのテーブル席が2つ、2人掛けテーブル席がひとつあります。

気の良いご年配の夫婦がやり繰りされていて、とても落ち着ける…何となく家庭的な雰囲気です。

開店直後に入りましたが、すでにカウンターにおひとり、テーブル席に7人ほどお客さんがいました。

 

「ひだるかや」のメニュー

ひだるかやのメニューを紹介します。

見ての通り、とてもシンプルなラインナップです。

人気の看板メニューは「塩らーめん」。

特にバターをトッピングした「バター塩らーめん」はやみつきになると評判です。

 

個人的には「みそらーめん」が好きなのですが、ネットでのレビュー、知り合いからの声、看板さえも「塩らーめん」となれば、ココは「塩らーめん一択」ですね。

周りのお客さんも全員「塩らーめん」か「塩らーめんにバターのトッピング」を選択していました。

 

チャーシューやたまごは全ラーメンい入っているとはいえ、トッピングメニューにあればいいのになあ・・・と。

特にチャーシューは後述しますが、あっさりしてはいるもののとても柔らかくて塩らーめんの味にマッチしているので、増量したいと思っているお客さんはきっといると思います。

 

ビールのおつまみとしてはチャーシューが別メニューであります。

なので、相談をすればチャーシューの増量に応じてくれるかもしれませんね。

きざみチャーシューともやしチャーシューに300円の差があるのが気になりました。

300円違うと何がちがうんだろう・・・

 

これが「ひだるかや」の塩らーめんだ

今回は「ひだるかや」の看板メニューである「塩らーめん」を注文。

見た目とてもシンプルな塩ラーメンが登場

チャーシュー、もやし、ねぎにたまごがトッピングされています。

見た目はシンプルですが、もやしとネギがやや多い目で、チャーシューも入っているのでとても美味しそうに見えます。

 

スープは透き通った鶏ガラスープ

塩らーめんの原点のような、見た目通りのシンプルな味。

味も「ウマイ」としか言いようがない、クセがなく自然な風味でありながらもコクのあるシッカリした味付けです。

リピーターがが多いのも頷けます。

 

チャーシューもサッパリしてはいるものの、適度に脂の乗ったもので塩ラーメンにピッタリです。

 

チャーシューだけでなく、もやし、ねぎ、玉子もそれぞれがとてもスープとマッチしています。

ちなみに、チャーシューは写真には3枚ですが、底に1枚沈んでいました。4枚あります。

たまごは普通の「ゆでたまご」です。

今はどこも、半熟煮卵ですしがこれはこれで塩らーめんの風味とマッチしていて美味しくいただけました。たまには「ゆでたまご」もいいですね。

「ひだるかや」のようなどこか家庭的な雰囲気のお店だと「ゆでたまご」が気持ちをホッとさせてくれます。

 

麺は黄色い中太ストレート麺。

ホントに「塩らーめん」そのもの。

具材と同様、美味しいスープにマッチして、ズズズっと無口でズンズンと食べきってしまいました。

 

テーブルの上には薬味がふたつ用意されています。

 

左側が「ニンニク」で右側が「柚子こしょう」です。

お好みで加えて味を調整するのですが、店主さん曰く

「最初はそのままで食べてもらって、徐々に加えていってくださいね」

とのこと。

そりゃそうですよね・・・こんなに純粋な塩スープなのに、いきなり薬味全開はもったいないですよね。

筆者は薬味不要な人なので、全て出てきたままでいただきました。

 

「ひだるかや」の感想・おすすめポイント

噂には聞いていましたが、塩らーめんの王道を行くラーメン店でした。

店の雰囲気、ドンブリ、味、トッピング、どれをとっても素朴ながらも物足らなさなんて微塵も感じない良店でした。

「ひだるかや」のおすすめポイント

  • 「塩ラーメン」を食べたいなら間違いなしの名店。
  • とにかくスープが王道すぎて美味しすぎる。
  • 塩らーめんにバターのトッピングがクセになる人気メニュー。
  • 営業時間はランチタイムのみで待ち必至なので、オープン直後を狙うと良し。

いやいや、塩らーめんって本当にいいですね。

この時、胃がもたれ気味で・・・でも数少ないチャンスだったので、所用から帰宅ついでに寄ったのですが、着丼するや食欲が復活して気が付いたら完食。

スープまで全部いただきました。

こういうのって、飾り気のない純粋な「本格塩らーめん」ならではですよね。

 

大和高田「ひだるかや」のアクセス・営業時間など

店名 ひだるかや
HP なし
電話 080-5318-3840
住所 奈良県大和高田市神楽3-1-20 サンプラザ1F
アクセス 近鉄「大和高田駅」より北へ徒歩約5分
営業時間 11:30~14:30
定休日 水曜日・火曜日
席数 19席(カウンター×9、テーブル4人席×2、テーブル2人席×1)
駐車場 あり(テナント共用)

大和高田駅は高架上にある駅なので、出口は南から出ても北から出てもアクセスできますが、北側の出口から出られた方が近くて便利です。

駐車場は、マンションビルの1階にあります。

マンションビルの中にあるような感じなので、そとからは見にくいですが台数も確保されているので余程混雑していなければ停められます。

 

まとめ「ひだるかや」は、超本格派の塩ラーメンが食べられる!体が求めるスープの味が魅力の名店

今回は、奈良県下でも有数の「塩ラーメン」を擁する「ひだるかや」を紹介しました。

昼間のみの営業なので、仕事終わりや飲み会後のシメに食べられないのは残念ですが、塩ラーメン好きなら絶対に食べておいて損のない逸品です。

「ひだるかや」のおすすめポイント

  • 「塩ラーメン」を食べたいなら間違いなしの名店。
  • とにかくスープが王道すぎて美味しすぎる。
  • 塩らーめんにバターのトッピングがクセになる人気メニュー。
  • 営業時間はランチタイムのみで待ち必至なので、オープン直後を狙うと良し。

また、塩らーめん押しの店でありながら、しょうゆとみそ味もありますので、塩らーめんはちょっと・・・という方とも来店できますね。

個人的にはココまで塩らーめん押しの店でありながらメニューに並んでいる「しょうゆらーめん」と「みそらーめん」が気になります。

次は「みそらーめん」にチャレンジしてみたいと思います。

近くに立ち寄られた際には、ぜひ食べに行ってみてくださいね。

コメント