【ほうらんや】橿原市万葉ホール内でランチ!味もコスパも大満足の人気レストラン

橿原ほうらんやアイキャッチ グルメ情報

奈良県橿原市にある「万葉ホール」。市立図書館、市立科学館、大きなイベントが開催される大ホールもある、市立の公営施設。

今回は、その5階にあるレストラン「ほうらんや」をご紹介します。

 

「ほうらんや」ってどんなお店?

「ほうらんや」は橿原市の「万葉ホール」の5階にあるレストランです。

ほうらんやのある橿原万葉ホール入り口

万葉ホールの1階からエレベーターで5階へ。

エレベータを降りて右側奥のほうにあります。

橿原のほうらんや入り口付近

今日は平日の金曜日なのですが、イベントなどがあるからかこの混雑ぶり。

大盛況の万葉ホール5階のほうらんや

中はホテルのレストランを思わせるシックで落ち着いた雰囲気。思ったよりも広々としていて、窓から橿原市を一望できる座席もあります。

 

「ほうらんや」のメニュー

こちらが「ほうらんや」のメニューです。

ほうらんやのメニュー①

少々高い目にはなりますがほうらんやの名物「釜飯の御膳」は以下の3種の御膳セットがあります。

  • 里山釜飯御膳:1,580円
  • 里山釜飯天ぷら御膳:1,890円
  • 里山釜飯ランチ御膳:1,280円

※値段は何れも税抜き価格

そして「釜飯」を以下の中から選び、組み合わせることができます。

  • 里山五目釜飯
  • 舞茸五目釜飯
  • 釜揚げしらすと青菜釜飯
  • ヤマトポーク角煮釜飯(+160円)
  • エビ釜飯(+160円)
  • 穴子釜飯(+160円)
  • 真蛸と浅葱の釜飯(+160円)
  • 帆立貝柱の釜飯(+500円)
  • 鮭いくら釜飯(+500円)
  • 大入り釜飯(+900円)

※値段は何れも税抜き価格

なかなか贅沢な御膳ですね。

 

釜飯については、このような季節限定の釜飯もあります。

橿原のほうらんやメニュー②

もちろん、各種釜飯御膳セットとの組み合わせも可能です。

 

そしてこちらがランチ限定の「昼膳」。

橿原のほうらんやランチメニュー

奈良県産の食材や地元で採れた新鮮な野菜などを使った、ほうらんやイチオシのランチメニュー。

しかも、以下の昼膳には「サラダバー」がついてくるんです。

  • 国産若鶏の里山くわ焼き昼膳(980円)
  • 里山満喫昼膳(1,380円)
  • ヤマトポークの生姜焼き昼膳(1,180円)
  • 里山ベジカツ昼膳(980円)
  • 手作りローストポーク昼膳(980円)

※値段は何れも税抜価格

写真の見た目もなかなか豪華で、これらにサラダバーが付くのはかなりのお得感がありますね。

 

 

「ほうらんや」の「里山ベジカツ昼膳」を食べてみました

今回は1000円程度で食べられるランチメニューということで「里山ベジカツ昼膳」をいただくことにしました。

こちらが「里山ベジカツ昼膳」。

橿原万葉ホールのほうらんや昼膳「里山ベジカツ昼膳」

里山ベジカツ昼膳(980円:税抜)

鍬をモチーフにした鉄板の上に載った、分厚く大きなベジカツに茹で野菜。そしてライス、味噌汁、漬物、そして野菜サラダのセットです。

しかも野菜サラダはサラダバーでお替り自由。

ライスも無料でお替りができるという、たくさん食べたい方にも嬉しいサービス内容です。

 

とは言え「里山ベジカツ昼膳」のメイン、ベジカツの中身が気になるところ。

ほうらんや「里山ベジカツ」のアップ

アップにするとこんな感じ。

ほうらんや里山ベジカツのドアップ

マメや玉ねぎなどの野菜がタップリと練り込まれたミンチカツ。ガッツリと肉を食べている実感がありつつも、ミンチカツにありがちな油っこさがなく、サクっと食べることができます。かなり美味しいです。

 

ライスは奈良県産の「ヒノヒカリ」穀物検定協会による米食味ランキングで特Aランクをつけられた一級品。

とは言え、結局お米って炊き方次第なところもありますよね、モチロンふっくら良い感じの炊き具合。

とにかくベジカツとの相性が良くて、おかわりさせていただきました。

そして何より注目していただきたいのは「サラダバー」。

橿原ほうらんやのサラダバー

  • レタス
  • キャベツサラダ
  • 水菜・茗荷
  • 豆苗
  • 大根サラダ
  • ケール(青汁も元になっている野菜)
  • トマト
  • とうもろこし
  • 紫キャベツ

が取り放題。

さらには

橿原ほうらんやのサラダバーのドレッシング

  • クルトン
  • 食べるラー油

のトッピング

そして

  • 和風ドレッシング
  • とうもろこしドレッシング
  • シーザードレッシング

からドレッシングを選ぶことができます。

 

そして追加料金280円(税別)でドリンクバーも利用できます。

橿原ほうらんやのドリンクバー

こちらのドリンクバー。

コーヒー、紅茶はもちろんのこと、ソフトドリンクがこのとおりの果汁タップリのフルーツジュース。

ほうらんやのドリンクバー

  • リンゴ
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • キウイ
  • マンゴー

の五種類から選べます。

口あたりも良く、子どもたちが群がって飲んでいました。

何となくですが炭酸系よりも体に優しそうで、親的にも安心ですね。

ちなみに、ドリンクバー単品の場合は480円(税抜)です。

 

「ほうらんや」の感想・おすすめポイント

ほうらんやのメニューにあるロゴ

公共施設にあるレストランって「安いけどメニューがショボくて美味しくない」というイメージがありませんか?

「ほうらんや」はそんなイメージを良い意味で覆してくれるレストランです。

おすすめポイント

  • かしはら万葉ホールを利用した際のランチやディナーに。
  • 橿原市中央公民館やお房観音にも近いので便利。
  • 野菜ガッツリランチを食べたければサラダバー付きの昼膳セット。
  • バラエティに富んだ釜飯セットも本格的でオススメ。

 

「ほうらんや」の口コミ

他サイトの「ほうらんや」に関する口コミをご紹介します。

ほうらんや先週に続いて2回目。里山満喫御膳1280円を注文。先ずはハンバーグから食す。

前回食べた里山ランチハンバーグと同じハンバーグだと思うけど小さいぶん、火の通りの加減とかが微妙に違うのかちょっとしっとり感に欠けるかな。

ランチハンバーグの方が明確に美味しいと感じた。
里山満喫御膳で一番味が見たかったローストビーフは普通。
ちょっと期待が大き過ぎたかな。
低温真空調理か。
やっぱりちゃんと焼いたローストビーフのほうが美味い。
ローストビーフはあまり味付けをしない方がいいのかなと思う。
ストレートな肉の味が欲しかった。

ポテトコロッケは素直な美味さじゃがいもの旨さが良く感じられ秀逸。
ちょっと箸で割にくかった。

前回食べた里山ランチハンバーグの完成度が高かったせいか全体的に物足らなさが感じられたけれど、里山満喫御膳のコンセプトを考えればじゅうぶん許容できると思う。

次は何を食べようか、ベジカツかな。

でもランチハンバーグの200gも150gとの違いを見てみたいし、迷うな…

食べログより

 

「ほうらんや」のアクセス・営業時間など

「ほうらんや」周辺マップはこちら(かしはら万葉ホール内)。

 

そして、こちらが「ほうらんや」のアクセスや営業時間などの情報です。

店名 ほうらんや
HP http://www.houranya.jp/
電話番号 0744-20-0701
住所 奈良県橿原市小房町11-5 かしはら万葉ホール5階
アクセス JR畝傍駅より徒歩約15分
近鉄「畝傍御陵前駅」より徒歩約
営業時間 ランチ…11:00~14:00
カフェ…14:00~17:00
ディナー…17:00~21:00
定休日 月曜日
席数 70席(カウンター式ひとり用席あり)
駐車場 あり(万葉ホール用駐車場100台以上)
その他

 

まとめ:「ほうらんや」は橿原市万葉ホール内で食べられる味もコスパも大満足の人気レストラン

橿原万葉ホール「ほうらんや」のロゴ

万葉ホールは、市立図書館・こども科学館・大ホールでのイベントなど、様々なシーンで利用することがありますが、その時だけでなく近くの「お房観音」を訪れたとき、サイクリングやドライブで近くを通った時にも利用いただけます。

 

おすすめポイント

  • かしはら万葉ホールを利用した際のランチやディナーに。
  • 橿原市中央公民館やお房観音にも近いので便利。
  • 野菜ガッツリランチを食べたければサラダバー付きの昼膳セット。
  • バラエティに富んだ釜飯セットも本格的でオススメ。

他サイトのレビューを読むと、リピーターもかない多いようです。

そんな、誰もが満足できるレストラン「ほうらんや」。

まだご利用になられていない方はぜひ一度、行ってみてくださいね。

コメント